FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶり。
ホントに…。







日記を振り返ってみると(振り返るほどの回数を更新してないけんどもさ…)、今月2日の朝、繋がって以来だわ…。
今朝、つながることができました。

昨日の夜からなんとなくの予告をふりかけておいたので、
今朝私が早起きすると、嫁ちゃんもささっとお風呂へ。
そしてお風呂上りはそれを完全に意識してのノーパンにジャージというエッチな姿。(笑)


お布団の中には電マ様を温めておきまして、
唇、首筋、おっぱいをたっぷりと楽しんだ後に、ノーパンジャージの上から電マ様に働いてもらいます。
ジャージ生地が間にある分、ちょうどいい振動加減になるのでしょうか。
「この辺でしょ?」
と、お豆のちょっと上にあたる部分に柔らかく押し当てると、
ぐんぐんと両ひざに力が入り始めて、両足がピーンと伸び始めます。
その場所を動かさないようにしながら、開いている左手のひらでお毛けの部分をじわーっとジャージの上から抑え込んであげると、
「はっ、はっ、はぅっ…」
と、ちょっと声を漏らして一回目。

今度はジャージをするんと脱いでもらって、舌の柔らかさを楽しんでもらいます。
んふふ、一度登ってるからでしょうね、すごく敏感のようです。
舌全体の力を抜いて、柔らかい状態でお豆全体を包み込むように抑え込むようにぐーんと下から上にゆっくりこすり上げます。
しゅんしゅんと跳ねながら逃げる腰。(笑)
その動きをしっかりと両腕で押さえて、ちょっとだけ舌先に力を入れて、お豆を抑え込む圧もちょっとだけ上げて、擦り上げるスピードもちょっとだけアップして、
カクカクと小刻みに震える嫁ちゃんの腰の動きを楽しみながら、同じリズムを守るコトほんの1分程でしょうか。
「ちょっ、やだ…、ちょ、ちょ、ちょ…」
と、さっきよりも少しおっきめの声を確認しての2回目。

もう、すごい勢いで硬くなってるわけですが、
そんなオッチャンを握ってもらいつつ、もう一度電マ様の登場。
今度は中間の布は無し。
ダイレクトでお豆のちょっと上にふわっと当てます。
嫁ちゃんの太ももの間にいた私は嫁ちゃんの横へ移動して、オッチャンを握りやすいように誘導します。
それと同時に、嫁ちゃんには太ももを閉じさせて、私の空いてる右手で嫁ちゃんの両膝を布団に抑え込みます。
えぇ、
強引な両膝ピーンを作り上げました。
もう、数十秒で十分だったようです。
「あっ、あっあああ…」
と、かわいい声を出しながら、オッチャンをかなりの力でぎゅーっと握りしめて全身も力がこもって3回目。

さ、いよいよ繋がりますよぉ。


腰の下に枕を一つ入れ込みまして、
ちょっと腰が浮いた、逆「く」の字の体制で突撃。
これだと自然と嫁ちゃんの上の壁に当たりやすくなりますよね。
で、上の壁を意識して前後に動くというよりは、ぎゅ、ぎゅと押し込む、押し付ける感じをイメージしてみました。
するとね、
両手をバタバタさせ始めます。
首を左右に振り始めます。
そうかと思ったら、両手で私の腰の動きを止めようと押さえつけようとしたり、両足で私のふくらはぎに絡み付こうとしたり…。
「ふー…、ふー…」
と、深めの呼吸。

4回目?


いやいや、そんなに甘くないわな…。




で、
枕を抜いてペタンの正常位に移行後、
嫁ちゃんの暖かさと柔らかさに包まれながら中へたっぷりです。

えへへ。

やっぱり、ええね。









コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。